ドッグフードの種類

普通のドッグフードの種類ですが、これも色々あります。例えば、ドライタイプ・セミモイストタイプ・ウエットタイプなどです。

ドライタイプは、加熱発泡処理された固形状のものがほとんど。カビが生えたりする安全性に配慮して、多くは水分含有量10%以下にしたものです。セミモイストタイプは、押し出し機などで製造され、しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用しています。水分含有量25~35%程度。ウエットタイプは、品質保持のために殺菌工程を経て、アルミトレーやレトルトパウチ、缶詰等に重鎮されているものです。水分含有量75%程度になります。

また、目的に応じたフードとして分けると、総合栄養食・間食用・その他の目的食の3つに分けられます。

総合栄養食は、日の主要な食事としてあげるもの。こちらのフードと水を適切に与えると、成長段階で必要な栄養バランスを健康維持ができるよう調整する事ができます。間食用は、時間に限らず、限られた量を与えるもの。おやつやご褒美としての役割があります。その他の目的食は、嗜好性促進、カロリー補給、栄養の調整、食事療法等に用いる目的、栄養補完食です。

色々ある中でも、食事用のペットフード、おやつ用のフードはよく買われると思います。わんちゃんが何か出来た時など、ご褒美にあげたいですよね。わんちゃんも、おやつが大好きです。